副作用 便秘薬 選び方

便秘薬の選びかた|症状に合ったものを使い体への負担を減らす

慢性的な便秘で便秘薬などに頼っている人が急に止めて
しまうと腹痛やお腹の張りが悪化してしまいます。
いきなり便秘薬を止めるのではなく、生活習慣の改善を合わ
せて行いながら、症状が和らいできたら、少しずつ服用する
量を減らしましょう。

 

 

便秘薬を使うときの注意点は、アントラキノン系の下剤を使いすぎないことです。アントラキノン系とはセンナ、アロエ、大黄が成分に入っているものです。市販されている70%の下剤がこのアントラキノン系と言われています。

 

 

アントラキノン系は動きの悪くなった大腸を薬の力で無理やり
動かして排便させます。そのため、腹痛に襲われたり、下痢に
なってしまいます。即効性があるので緊急的に使用することは
良いのですが、副作用が強いため常用は避けましょう。

 

 

また、大腸は薬の力で動かされるので、排便力は徐々に衰え、
また便秘薬に頼ってしまい、さらに排便力が弱くなるという
悪循環に陥ります。

 

 

症状に合わせて便秘薬を使いましょう。

加齢や運動不足などにより腸の筋力が弱ってしまったり、
お腹の手術や薬の副作用により便秘になってしまったときには
アントラキノン系下剤とオリーブオイルなどの小腸刺激性の
下剤を使います。ただし、前に説明したようにアントラキノン系
は使用量はなるべく少なくします。

 

 

便が硬いときには、便を柔らかくする塩類下剤(酸化マグネシウム
など)を使います。

 

 

トイレに行くことを我慢しているうちに便意がなくなってしまった
ときには、直腸や肛門に障害がある可能性が高いです。そこで、
レシカルボン坐薬や浣腸を使います。

 

 

ダイエットなど食事制限をすることで、便の元となるものが少なく
なり、便秘になってしまう人もいます。そんな人は、薬を使うの
ではなく、食物繊維や水分の摂取量を増やします。

 

 

薬で便秘を治すことは出来ません。あくまで一時的に症状を
軽減させるだけです。食生活や早寝、早起きなど生活習慣を
改善することが便秘解消につながります。

 

食生活を改善して便を柔らかくするには