お腹の張り 排便できない 運動

お腹が張っているのに排便できない|筋肉を鍛えてお通じを良くする

お腹が張っているのに排便できないような症状があるときは
筋力の衰えが原因と考えられます。大腸の筋力が衰え働きが
悪くなる、排便に必要な腹筋や背筋が衰え排便力が弱くなって
しまいます。

 

 

このような便秘を弛緩性便秘と良い、便秘の中でもっとも
多いと言われています。
高齢者や出産を多く経験した人に起こりやすいのですが、最近
は運動不足により筋力が弱くなった若い女性にも増えています。

 

 

特に、腹筋は運動不足により簡単に衰えるので、常に鍛える
ことが必要です。といっても、きつい筋トレをするのではなく
有酸素運動の代表格であるウォーキングを行えば、鍛え
ることが出来ます。

 

 

ウォーキングをするときのポイント

ウォーキングもだらだらと歩いてしまっては、効果が半減します。
背筋はピンと伸ばし、胸を張ってお腹に軽く力を入れて、腕は
大きく振って歩いてください。歩くスピードは軽く汗をかく程度です。

 

 

時間は、1日30分が理想的ですが、運動不足の人が最初
からは難しいと思います。まずは、近所のスーパーは歩いて行く
など簡単な事から始めてください。
とにかく、少しでもいいので始めることが重要です。

 

 

歩いているうちに体力もついて、さらに便秘にも良い効果が
出始めてくるので歩くことが楽しくなってきます。それから徐々
に歩く時間を増やしていってください。

 

 

ウォーキングの効果

 

ウォーキングは、足だけでなく腹筋や背筋などバランスよく筋肉
を鍛えることが出来ます。筋肉量が増えれば、腸に溜まった
便を押し出す力がつきます。また、筋肉量が増えると消費
カロリーが増えるので、ダイエットにもつながります。

 

 

体を動かすと血の巡りが良くなり、新陳代謝が上がります。
すると、動きの悪かった大腸も徐々に動きが活発になるので、
排便力が高くなります。

 

 

大腸の動きは自律神経がコントロールしています。ストレス
や不規則な生活により自律神経が乱れ便秘になっている可能
性もあります。運動により自律神経が刺激され、乱れが治り
便秘改善の期待もできます。

 

 

もちろん筋トレで腹筋を鍛えても、排便力を上げることができ
ます。腹筋は腰を痛めてしまうことがあるので、正しい方法で
無理をしないで行ってください。

 

 

1.カーペットや畳など下が柔らかいところにあお向けで寝て
ください。フローリングなど硬いところでは、腰に負担をかける
ので避けましょう。このとき、手は頭の後で組み、膝は軽く曲げ
てください。

 

 

2.ゆっくりと頭を起こしていき、おへそが見える位置にきたら
止めます。その状態で8秒数え、その後ゆっくりと元の状態に
戻してください。目標の回数は10回です。

 

 

腰に負担がかかるので、腰痛持ちの人は注意しながら行って
ください。もし腹筋が出来ないときには、お腹を膨らませたり、
凹ませるだけでも効果があるので試してみてください。

 

 

⇒食生活を整えて便を柔らかく保つことも重要です。